指定都市市長会、政府の定額減税で簡素な制度など緊急要請 EU大使と意見交換

【神戸経済ニュース】政令市20市の市長で構成する指定都市市長会(会長・久元喜造神戸市長)は20日に開いた第57回指定都市市長会議で、9件の提言・要請などを採択した。政府が発表した「デフレ完全脱却のための総合経済対策」のうち、定額減税・低所得者世帯支援についての要望は「緊急要請」として採択。人口規模の大きな政令市の事務が円滑に進むよう「簡素な制度設計とすること」などを求めた。あわせて欧州連合(EU)のジャ
情報元サイト:「神戸経済ニュース」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。