JTBやリクルート、DXで観光混雑を緩和 予約管理など

JTBは観光地向けチケットシステムの導入先を年内に約3割増やす。観光施設が予約を一元管理し、訪日客などの集中を防ぐ。リクルートは地域に人員を派遣し、道路や飲食店の利用状況の見える化などを手助けする。観光地の混雑緩和を下支えして、オーバーツーリズム(観光公害)対策を新たな事業にする。

JTBグループ
情報元サイト:「日本経済新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。