ファーストアカウンティングの前12月期は売上高57%増加、経理AIソリューションなど好調、上場後初の配当を実施

■今期も売上高34%増を想定し増配の予定 ファーストアカウンティング<5588>(東証グロース)は2月13日の午後、2023年12月期の決算と株式上場後初の配当実施などを発表した。会計分野に特化したAIソリューション事業(経理AI事業)を提供し、23年9月に上場。人員の増加にともなうオフィススペース拡張のため、24年5月に本社オフィスを移転する。 23年12月期の配当(期末のみ実施)は1株1円55銭を予定し、さらに今期・24年12月期は同2円20銭を予定している。■会計帳票な..
情報元サイト:「日本インタビュ新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。